カリアゲ速報

ニュー速VIPのおもしろいネタ・雑談系のオススメ記事をまとめています。

読んだ中で一番面白かった小説一冊挙げてけwwwwwwwww

1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:29:42 ID:3vy
軽いあらすじ付きで
 
新世界より/貴志祐介

呪力という能力を手にした人類の話 主人公たちは学校での行事で世界の闇に触れながらも成長していく
そして世界が衰退した理由を知っていく

2: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:30:12 ID:3vy
ジャンルもいるな SFや

5: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:31:25 ID:msH
三国志演義

貧乏劉備の王道天下取りストーリー


古典やけど、ほんまに名作やで

6: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:37:02 ID:3vy
もっと挙げてってや~

7: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:38:52 ID:i6S
金融大狂乱 リーマン・ブラザーズはなぜ暴走したのか/R・マクドナルド

ITブームの栄光と崩壊を見た作者がリーマンブラザーズ債権部門に入り暴走を繰り返す上層部を眺めチャプター11までをつづったノンフィクション

8: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:39:11 ID:E4A
『竜の卵』ロバート・L・フォワード
中性子星に生息する知的生命体とのファーストコンタクト

10: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:40:51 ID:uSB
ようこそ地球さん/星新一
これの処刑って話が最高におもろい

12: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:41:32 ID:sdL
僕僕先生

中国の唐代、ニートの青年王弁が美少女仙人に着いていって天地さえ飛び越え大冒険する話

14: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:42:08 ID:H4w
村上春樹

世界の終わりとハードボイルドワンダーランド

16: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:44:02 ID:wR1
明治、父、アメリカ / 星新一

星新一のショートショートの話ではなく新一の父親について新一が記した伝記

17: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:44:48 ID:yFR
ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』

冷戦下のチェコスロヴァキアを舞台に、1968年に起こったプラハの春を題材にした恋愛小説

18: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:48:30 ID:Ayx
モンテクリスト伯
周到な復讐劇
徐々に明らかになっていく人間関係の面白さ
フランス文学特有の大げさなノリが楽しめる

19: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:49:16 ID:Ayx
イッチのお勧めも好きやで
天使の囀りもすき

21: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:51:14 ID:3vy
>>19
文系カスなワイには難しくてよくわかんなかったです......
黒い家は怖くて面白かった

29: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:56:59 ID:OcD
スローカーブをもう1球

スポーツを題材にしたノンフィクション集

ワイを野球好きにしたきっかけのひとつや

31: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:57:49 ID:FLb
サウスポー魂 川上健一

球界のレジェンド、江夏豊が主人公。
阪神タイガース入団から、後に「江夏の21球」と呼ばれた日本シリーズのあの場面までを描く。

33: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)22:59:44 ID:7rZ
ワイラノベ好きやけど宮部みゆき作品も好き

53: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:23:22 ID:ajV
>>33
宮部ファンタジーは英雄の書、ブレイブ、ドリームバスターは神やけどボツコニアンはクソ

誰かエイティシックスってラノベ読んだ人おる?
電撃大賞であれ以外おもしろいのなくないか?
ミミズクも期待はずれだったし

34: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:00:12 ID:Ug9
野球ものなら定番の
スカウトやな。カープの名スカウト木庭さんのお話のノンフィクション

36: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:01:50 ID:yxL
キケン!

とある機械系の大学に通うことになった主人公が機械制御研究部通称「キケン」と出会い様々な経験をする話

38: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:06:54 ID:3vy
別に小説でも新書でもええで 面白ければ

39: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:09:02 ID:Ug9
基本ミステリーとか歴史ものがすきやからな
純粋に面白いと感じたのはもう完全な鉄板やけど
・ロンググッドバイ
・葉桜の季節に~
・竜馬がゆく
・国盗り物語
かな

40: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:09:32 ID:T6v
アクロイド殺し
オリエント急行殺人事件
ド定番やけど

41: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:10:46 ID:Ug9
>>40
ええやん

くっそ・・アクロイド殺しは読む前に
概要みとこう思ってwikiで調べたのが間違いやったわ
しょっぱなネタバレしやがってからに

87: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:43:42 ID:T6v
>>41
ワイもネタバレ食らった口やわ
でもアクロイドのほうはネタバレされててもおもろかったわ

42: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:11:55 ID:Ug9
オリエントも読んでる最中におんjの全く関係ないスレで
まさかのネタバレに出会って終わったし

アガサ作品は基本ネタバレされずに読めたら幸せやね。

43: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:13:44 ID:FLb
三島由紀夫の金閣寺

説明いるか?(いや、いらないだろう。)

45: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:14:37 ID:Ug9
>>43
めちゃくちゃ有名だけど未だ読んだことないという

44: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:14:17 ID:Ayx
春にして君を離れとかいう
クリスティーの殺人事件じゃない怖い話

47: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:15:30 ID:Ug9
>>44
主婦が一人旅する話しちゃうんかい

48: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:16:40 ID:Ayx
>>47
せやけどゾッとする話やし忘れられへん

49: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:16:43 ID:2zZ
酔歩する男 小林泰三

手児奈ぁ~

50: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:17:41 ID:Ayx
>>49
すき
また読みたい

51: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:19:16 ID:2zZ
>>50
一緒に収録されてるマシンガンの弾の眼をした猫もよろしくゥー

52: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:23:18 ID:7SN
獄門島/横溝正史

「獄門島に行ってくれ…俺の妹達が殺される…」
亡き戦友の遺言によって瀬戸内の小島獄門島にやって来た私立探偵金田一耕助であったが、彼を待ち受けていたのは芭蕉の句に見立てられた奇怪な連続殺人であった…!

56: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:25:12 ID:Ug9
>>52
犬神家、八墓村、本陣は読んだことあるが
これはまだだ。
大分気になるから明日買いに行こう

58: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:25:55 ID:7SN
>>56
横溝正史最高傑作と言われてるで
オススメ

63: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:27:57 ID:QVA
ジョージ・オーウェルの1984かジュール・ヴェルヌの海底二万里
邦人なら乱歩先生のパノラマ島奇談か筒井康隆のパプリカ

65: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:28:34 ID:Ug9
>>63
1984読もうと思ってたんだよな
次の次やな。楽しみや

67: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:29:30 ID:Ug9
筒井康隆といえばロートレック荘面白かった
旅のラゴスはあんまし

68: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:30:13 ID:Ayx
オーウェルは動物農場がすき
筒井康隆は旅のラゴスか虚航船団

69: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:30:56 ID:9XZ
巷説百物語は無印→続→後とワンセットでまじでおもろかった

変な漢字使うわ本くっそ分厚いけどスラスラ読める不思議

70: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:33:02 ID:Ayx
>>69
おもろいんか、今度読むかな
京極はまだまだ読めてないけど魍魎の匣がすき

76: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:35:41 ID:9XZ
巷説百物語のパターンとしては
その土地や習わしの謂れや由緒からはじまって、そこから噂や証言に派生。徐々に事件や仕掛けが見えてくるって流れが読んでて面白い

最後は起こった出来事がまた新しい噂となり、謂れへと戻っていく

>>70
巷説百物語の頃はまだ癖もなくて読みやすい

80: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:38:05 ID:ajV
>>69
まだ他にもシリーズなかったか?

ワイがすこなのはアンクルトムの小屋
一人の奴隷が、最期まで信仰を貫く話や

73: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:35:11 ID:1hY
武士道シックスティーン
武士道シリーズの一作目、高校生の剣道少女達のお話
ぶっちゃけセブンティーンの方が面白いからそっちも読んでほしい

74: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:35:32 ID:O6W
神去なあなあ日常

18歳の青年、勇気はフリーターで食っていこうと考えていたが
突然親と担任教師から山奥へ追い出され林業を始めることになり…

78: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:36:26 ID:1hY
>>74
これ面白かったからワイからもオススメやわ
実写映画もそこそこ出来がいい

77: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:36:25 ID:HY0
きみの友だち/重松清
抽象的に言うともこもこ雲を探す2人と雨宿りさせて貰いたい人の話や

79: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:37:17 ID:T5E
京極夏彦好きなニキはガベコレ繋がりで平山夢明も読んでほちい

83: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:41:10 ID:2zZ
>>79
ググったらメッチャ興味惹かれたわ
読んでみるわサンガツ

82: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:38:50 ID:dmy
げんふうけいの寿命売って10万貰うやつ
3日間の幸福

86: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:43:02 ID:xQB
フィオナ旅行記 小雨大豆 ファンタジー

主人公フィオナの旅をブログ日記のように描く、「リアルタイムブログ型小説」という新しいジャンルの持ち込み企画の試みとして講談社のHP上でWeb連載された
作中の日付と現実の日付を合わせて、まるでフィオナという人物が実際にブログ日記を更新しているかのような連載の仕方は当時は一部で話題を呼んだ
ストーリー自体はキノの旅をよりファンタジー色を強くした感じで主人公フィオナが独自の文化や奇想天外な生態系がひしめく国々を巡る話
ただ、この作品の面白さはストーリーというよりは小説の書き方そのものにある
日記を読者がわからないように別の登場人物に書かせたり挿絵の構図に細工したりなど、読者のミスリードを誘うような表現が頻繁に使われている
読者は作者の思惑に振り回されながら「やられたぁ」と思いながら読むことになり、先の展開が気になって読むのが止まらなくなる
余談であるが、連載にあたり講談社からは3日に1話更新という厳しい条件をつけられたが、この作者は週に3話以上の超ハイペースで書き続けて完結させたという逸話が残っている

88: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:45:55 ID:1hY
all you need is kill
未知の宇宙生物と戦争していた主人公はその宇宙生物に殺される、すると3日前のベッドで目を覚まし…
小説っていうかラノベやけど、オススメのループSFモノ
っていうかループ物の小説少な過ぎや、他のループ物ならターンとサクラダリセットとリプレイがオススメ

89: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:46:29 ID:7SN
悪魔の手毬唄/横溝正史

「ごめんくださいませ。おりんでござりやす。」
岡山の山村鬼首村に温泉旅行に来た金田一耕助は、峠道でおりんと名乗る老婆と出会う。だがその老婆は既に死んでいるはずの人物であった。その出会いを皮切りに村で起こる美少女殺し。遺体は村に古くから伝わる手毬唄になぞらえられ、また一人また一人と犠牲者が増えていく…。

91: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:49:19 ID:9fF
ドラゴンは踊れない

年に一度のカーニバルに全てを賭ける男
スラム街の個性的な住民達
移ろい時代の中で個性に悩む彼らの話

92: 名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木)23:53:59 ID:59u
武王の門/北方謙三

南北朝時代の九州を描いた作品
九州に南朝の一大勢力権を築くことを命じられた後醍醐天皇の皇子の懐良親王と南朝に夢を託す菊池武光を描いた作品
一流ハードボイルド作家の北方謙三が初めて時代小説に挑んだ作品でもあるんやで

93: 名無しさん@おーぷん 2017/12/29(金)00:01:21 ID:1CT
ベルカ、吠えないのか? 古川日出男

20世紀=戦争の世紀=軍用犬の世紀
ある軍用犬一族の目から見た20世紀

94: 名無しさん@おーぷん 2017/12/29(金)00:01:29 ID:vi8
オランダ靴の謎/エラリー・クイーン

オランダ記念病院に入院中でその病院の設立者でもある老婦人が殺される事件が起きる
遺留物である靴を元に探偵エラリーの推理が冴え渡る犯人当てミステリの傑作

95: 名無しさん@おーぷん 2017/12/29(金)00:04:48 ID:vGD
個人的には悪魔の手毬唄が最高傑作やわ
最後にはうるうるくる

96: 名無しさん@おーぷん 2017/12/29(金)00:32:00 ID:VEq
森見の四畳半と夜は短し歩けよ乙女読んだけど
ワイの色のない人生が悲しくなった

101: 名無しさん@おーぷん 2017/12/29(金)00:36:20 ID:VEq
小説版四畳半はちょっと味気ないな
それぞれでハッピーエンドのループものやし、アニメの流れに合わせたverも読んでみたい


引用元: https://sp.logsoku.com/r/open2ch.net/livejupiter/1514467782/

関連記事
スポンサーサイト



[ 2018/05/02 11:14 ] 雑学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

オススメ記事


にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村 アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ